バンドマンの仮想通貨ブログ「バンドコイン倶楽部」

バンドマンが仮想通貨についていろいろ考察するブログ

2018年要注目仮想通貨「ETHEREUM(イーサリアム)」とは?

ETHEREUM(イーサリアム)とは?

f:id:osanaiyuta0321:20180113135535p:plain

画像引用:https://www.ethereum.org

2018年1月現在、時価総額がビットコインについで2位の仮想通貨です。2017年に入って急激に上がり始めました。

国内取引所のcoincheckbitflyerZaifの他、海外含めほとんどの取引所で購入することができます。

 

 

チャート

近々2年のチャート

f:id:osanaiyuta0321:20180113140750p:plain

 

近々90日間のチャート

f:id:osanaiyuta0321:20180113140942p:plain

 

2015年7月 イーサリアムリリース

2016年1月 1ETH=114 円

2016年3月 1ETH=1,696 円

2017年3月 1ETH=6,746 円

2017年5月 1ETH=29,126 円

2018年1月 1ETH=149,132 円

 

 

特徴

f:id:osanaiyuta0321:20180113135039j:plain

正確に言うと仮想通貨ではない

イーサリアムは正確に言うと「次世代分散アプリケーション基盤」です。

ブロックチェーンを基盤として、アプリケーション作成のプラットフォームを作っています。

 

発行枚数

ビットコインは発行枚数が2,100万枚と決まっていますが、イーサリアムは今のところ上限が決まっていません。新しい通貨なので、これから変わる可能性ももちろんあります。

 

スマートコントラクト

イーサリアムの最大の特徴といってもいいのがスマートコントラクトです。簡単に言うと、仲介人を通さずに個人間(P2P)での取引ができ、その記録は全てブロックチェーン上に記録できるシステムです。

参考サイト:https://bitcoin-yoro.com/kisochishiki/smartcontract

 

将来的にはPoSへ

現在Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)を採用してますが、将来的にはProof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)へ移行するようです。個人的にはPoSを採用している通貨の方がメインになっていくと思っています。

 

 

購入方法

国内海外問わず、ほとんどの取引所で購入できます。

手数料が安いので、国内だと「Zaif」がオススメです。

仮想通貨取引所「ザイフ(Zaif)」の評判・使い方